ベトナムの輸出入に関する2016年9月に発効する政策

Tuesday, 18/10/2016 16:18:04

ベトナムの政府及び各省庁は輸出入分野、特に輸出入税における複数の規定を公布しました。2016年9月に発効する政策をご紹介します。

2016年10月から有効になる新政策

Monday, 17/10/2016 15:03:38

2016年10月から政府首相、各部門機関により承認される新政策が有効になる。

2016年9月から有効になる新政策

Friday, 07/10/2016 9:48:42

2016年09月から政府首相による承認される新政策をアップデットされる。

2016年9月01日から有効になる新各政策

Tuesday, 27/09/2016 8:50:12

2016年09月から国会、各部のいろいろな新政策が発行された。

ベトナム2016年8月に発効する目覚ましい新政策(補充)

Tuesday, 09/08/2016 10:02:36

2016年8月より発効するほかの複数の新政策を補充する。

ベトナム2016年8月より発効する目覚ましい政策

Thursday, 04/08/2016 16:11:18

①–土地財政義務確定書類の詳細的ガイドライン 土地財政義務確定書類及び書類の受付プロセス、書類の移送に関する2016年6月22日付共同通達88/2016/TTLT/BTC-BTNMT は2016年8月8日に発効する。 前の規定に比べ、当共同通達は土地使用の場合ごとには土地財政義務確定書類を次のようにもっと詳細にガイドラインしている。 ・国家が土地使用権をオークションする形態以外で土地を賃貸、又は交付する場合 ・家族世帯、個人に対する土地使用権公認には証明書発給の場合 ・土地使用権をオークションする形態で土地を賃貸、又は交付する場合 ・土地に定着する財産の補充登録;土地使用形式の変更;土地使用期間の延長;土地使用権、又は土地に定着する財産の変換、譲渡、相続、贈与の場合 ・案件の詳細的建設企画の調整、或いは土地面接の広めによって財政義務を補充すべきになる場合。 当共同通達は共同通達30/2005/TTLT-BTC-BTNMTに代わった。 ②–法人所得税優遇のガイドライン 法人所得税、輸入税、農業目的以外土地使用税の優遇のガイドライン2016年6月17日付通達83/2016/TT-BTC は2016年8月1日より発効する。 それに従って、法人所得税優遇は次のように実施する: ・法人所得税優遇分野、或い投資優遇地域における新たなプロジェクトは法人所得税法に定めた分野・地域に対する優遇の規定に従って、法人所得税優遇を得られる。 ・経済区やハイテク区、工業団地、加工輸出区に置く新たなプロジェクトの場合は、当共同通達の第4条2、3、4項のガイドに従って実施する。 ・新たなプロジェクトが法人所得税優遇の多数の条件を満たされば、最も有利な優遇程度を選ぶことができる。 ③–建設許可に巡る新しいガイド 2016年6月30日付通達15/2016/TT-BXDは2015年1月1日以前建設許可が必要ないが、2014年建設法によって建設許可が必要になる工事に対する建設許可の発給をガイドしている。 (i)2015年1月1日の前に開始した工事は: ・建設許可の求めを必要なく建設続けるのができる。 ・設計を調整する場合、建設する前に、投資家は専門機関に調整設計を提出し、査定を受けらなければならない。 ・専門機関に設計を査定される対象に属しない単独住宅の場合、投資家は建設許可発給を負担する機関に調整設計を提出しなければならない。 (ii) まだ開始しない工事の場合、投資家は2014年建設法に従って建設許可を求めなければならない。 通達15/2016/TT-BXD は通達10/2012/TT-BXD 及び通達19/2009/TT-BXDの建設許可発給に関する各条項に代わった。当通達は2016年8月15日より発効する。 ④– 労働安全衛生に関する厳重さが要求される17業務 それは労働安全衛生に関する厳重さが要求される業務リストを公布する2016年6月16日付通達13/2016/TT-BLĐTBXH の内容である。それに従って、当リストは2013年10月18日付通達27/2013/TT-BLĐTBXH に公布された13業務のリストに代わった。 新しいリストに補充した業務は: ・作業床からの高さ2メートル以上のところで作業する業務 ・電離放射線に接する業務 ・30GHz~300GHz高周波電磁界に接する業務 ・陸上及び海上鉱産開拓、石油・石油製品開拓への工事、設備、化成品、液を創作、使用、運営、メンテナンス、修理する業務 通達13/2016/TT-BLĐTBXH は2016年8月1日より発効する。 ⑤–工場建設の査定、許可、見積のガイド 2016年6月30日付通達18/2016/TT-BXD(2016年8月15日より発効)は建設案件、設計の査定、許可、又は工場建設の見積に関する重要な原則を規定した。 ・規定より設計ステップが多い案件であれば、専門機関に規定によってステップのみを査定され、残るステップは査定されるかどうか投資決定者に決定される。 ・設計ステップの名称と内容が規定に違う国際慣習に従って実現される場合、専門機関は基本設計ステップ、技術設計ステップと施工図面設計ステップの同様な内容がある設計書類のみを査定する。 さらに、通達18/2016/TT-BXDによると、査定機関は次のような場合には査定書類を受けない: ・権限を持っていない機関に書類を提出する。 ・査定不要の案件、基本設計、工事建設設計・見積を提出する。 ・法律に適当しなく、或いは規定に従わない書類。 郵便で書類をもらった査定機関は提出者に書類受けない理由の文書を送らなければならない。 ⑥–外国投資家への建設許可書発給の検討時間を延長する ベトナムにおける建設事業する外国請け負い業者への建設許可書発給及びその管理に関する2016年6月30日付通達14/2016/TT-BXDは2016年8月15日より発効する。 それによると、専門機関の建設許可書発給の検討時間は合法的書類を受ける日から20平日になる(前規定は15平日)。 さらに、個人への建設許可書求めの書類は次のような新点がある: (i)次のものの抄本、或いは原文のイメージファイル フォーマットや他のフォーマット(*.pdf)カラースナップショット: ・入札結果、請負選び決定、或いは請負契約 ・個人の国籍持っている国或いは案件の実現国に発給された許可書や職業証明書、又はパスポートの抄本 (ii)投資決定、投資登録証明書、投資方針承認文書の原文のイメージファイル フォーマットや他のフォーマット(*.pdf)カラースナップショット。 […]

2016年7月発効する政府及び各省庁の新政策 補充

Monday, 25/07/2016 7:45:23

①-労働災害・職業病制度の実施のガイドライン 労働・傷病兵・社会省は、労働安全衛生法に制定された労働災害・職業病制度実施の一時的ガイドラインのオフィシャルレター2533/LĐTBXH-ATLĐ を発行した。 a, 労働災害・職業病手当を受けている労働者、又は労働災害・職業病で入院して2016年7月1日前退院した労働者に対する: ・2014年社会保険法及び2016年7月1日以前既に公布した労働災害・職業病制度のガイドラインに関する規定を適用する。 ・2016年1月1日から2016年7月1日までの間に出た医学的評価評議会の結論によって制度享受条件を満たす場合、2014年社会保険法の第45条1項b号に定める対象に労働能力喪失評価の費を支払いあげる。 b, 労働災害・職業病で入院して2016年7月1日以降退院する労働者に対する: ・制度享受条件、享受水準、書類、解決期限については2015年労働安全衛生法の第45、46, 48, 49, 50, 51, 52, 53, 54, 57, 58, 59, 60及び61に基づいて実現する。 ・2016年1月1日から2016年7月1日までの間に出た医学的評価評議会の結論によって制度享受条件を満たす場合、2015年労働安全法の第42条1項に従って労働能力喪失評価の費を支払いあげる。 詳細的ガイドラインは2016年7月7日付オフィシャルレター2533/LĐTBXH-ATLĐに規定された。 ②-企業登録証明書の変更登録を遅滞すれば、15百万ドンまで罰金 これは計画・投資分野での行政的違反処罰に関する2016年6月1日付政令50/2016/NĐ-CP に規定している内容である。同時に、そのように違反する企業は企業登録証明書の変更登録を強制される。 さらに、当政令は他の目覚ましい規定もある: ・既に登録した定款資本を十分に出資しない際に経営登録機関に定款資本変更を登録しない場合、10~20百万ドンを罰金される。 ・ 常時10人以上の労働者を使用する経営世帯は3~5百万ドンを罰金される。同時に、2014年企業法の規定に従って企業活動の設立登記をしなければならない。 当政令は2016年7月15日より発効する。 ③-毒素、感染素運送の条件 政府は財源環境分野での投資経営の条件に関する2016年7月1日付政令60/2016/NĐ-CP を発効した。 毒素、感染素という危険物の運送両車を操縦する人は次の条件を満たさなければならない: ・危険物運送許可書に記載されている運送両車に適当する施設の有効な操縦許可書が持っている。 ・次のような訓練証明書の一つがある: (i)毒素、感染素という危険物運送の訓練課程を過ごして、財源環境省に訓練証明書を発給された。 (ii) 化成品安全或いは他の危険物運送の訓練課程を過ごして、有限機関に訓練証明書を発給された。 (iii) 中級以上の化学専門がある。 当政令は2016年7月1日より発効する。 ④- インフラ開発援助 2016年6月10日付通達15/2016/TT-BNNPTNTによると、農業協同組合は次のインフラの投資開発を援助される。 ・住所の建物 ・天日塩庭、貯蔵庫、農業用品店 ・処理、加工工場 ・電力、水道、市場施設 ・耕作業、林業、塩の生産業の分野での灌漑施設、田内交通工事 ・水産業でのインフラ 当通達は2016年7月25日より発効する。

2016年7月1日より発効する政策

Monday, 18/07/2016 15:02:11

①-既に使用した設備の輸入条件 2015年11月13日付通達23/2015/TT-BKHCNによって、既に使用した設備の輸入は次の条件を満たさなければならない。 ・構造際より10年間を超えない。 ・国家技術基準(QCVN)、或いは国家標準(TCVN)、或いはG7諸国の安全、エネルギー節約、環境保護に関する標準に満たして生産された。 投資方針決定の必要の案件、投資方針決定の必要なく投資登録証明書の実施すべき案件など、投資案件(新案件及び拡大案件)につける既に使用の設備の場合: ・案件書類の中に既に使用した設備のリストがあって、有限機関に投資方針を決定され、或いは投資登録証明書を発給されば、以上の条件を適用しない。 ・必要がある場合、投資方針決定及び投資登録証明書発給の前に、投資方針決定機関、投資登録証明書発給機関が案件書類に属している既に使用設備のリストに巡る科学・技術分担機関の意見を求めなければならない。 既に使用した部品に対しては、生産企業が使用している機械を修理し、機械部分を代わる限り、部品を輸入できる。企業は自分で輸入するほか、代理企業に通じて輸入してもよい。 必要がある場合、また各業界によって、各省庁が以上の設備年齢の条件にもっと低く決める。 当通達は2016年7月1日より発効する。 ②-2016年7月1日以来財源税率を付加する 詳細的な規定は以下: ・金属鉱産: 鉄(12%→14%)、マンガン(11%→14%)、チタン(11%→18%)、金(15%→17%)、希土類(15%→18%)、白金・銀・錫(10%→12%)、タングステン・アンチモン(18%→20%)、鉛・亜鉛(10%→15%)… ・非金属鉱産: 建設、埋め立てへの土地(4%→7%)、石・砂利、石灰とセメント生産への石・砂利(7%→10%)、白大理石(9%→15%)、砂(11%→15%)、ガラス生産への砂(13%→15%)、ダイヤモンド(22%→27%)… ・ナチュラルミネラルウォーター、天然温泉水、瓶詰・缶詰天然浄水(8%→10%) ・水力発電への天然水(4%→5%) ・浄水生産への地下水(3%→5%) ・他の目的への地下水(5%→8%) 以上の税率の法的根拠:2015年12月10日付議決1084/2015/UBTVQH13、2016年1月20日付通達12/2016/TT-BTC ③-課税政策の新内容 2016年7月1日より、税金に関する諸法律の修正・補充法が発効する。当法律は付加価値税、特別消費税、課税管理に関する政策を修正し、補充する。 当法律は、高齢者介護の業界における投資の誘致、社会化の激励のために、高齢者介護サービスが付加価値税(VAT)を負担すべき対象とはなりません。 VATの本質に合って、さらにVATの控除申告、納め、還付に関する手続きを単純するように、当法律は最小限に12 ヶ月間(或いは4 四半期間)にわたり仕入 VAT累計額をまだ控除されない場合、残ったVATは還付されずに次の申告期のVATに控除されると規定している。 さらに、税金を納める対象に支援し、銀行貸出金利が一年間当たり8%~9%である状況に合うように、当法律は課税管理法に既に定めた0.05%/日の遅延利息率を0.03%/日に修正した。 ④-労働安全衛生法 2012年労働法に制定された労働安全衛生政策に比べると、労働安全衛生法はもっと労働安全衛生事業に巡って概括、詳細に定められている。労働安全衛生保護措置の以外、企業における労働安全衛生事業の仕組み、労災・職業病への賠償、援助、保険制度なども制定している。 労働安全衛生法によると、労災・職業病保険に加入する労働者は次の条件を完全に満たせば労災制度を得る: – 次の場合における労災: ・勤務場所及び勤務時間内に事故にあった場合、勤務場所及び勤務時間内に生活必要活動を行う際に事故にあった場合も含む。 ・雇用者の要求に従い、勤務場所以外で勤務する際に事故にあった場合。 ・通勤中(合理的な時間帯およびルート)に事故に事故にあった場合。 – 以上の場合における労災で5%以上の労働能力を喪失させる。 さらに、当法律によると、毎月雇用者は労災・職業病保険基金に払い込む義務を負担する。払い込む最大率は社会保険料算出基礎となる給与基金の1%である。 2015年労働安全衛生法は2016年7月1日より発効する。

2016年6月の新政策

Wednesday, 08/06/2016 7:21:30

2016年6月より、政府、首相及び各省庁のに公布された大事な政策は発行する。

2016年5月より発効する新政策

Tuesday, 10/05/2016 15:20:10

2016年5月1日以来、政府及び各省に制定された複数の政策は有効になる。

2016年4月に有効になる各新政策

Monday, 04/04/2016 13:55:36

政府及び各省に公布された複数の政策は2016年4月に発効する

2016年3月に有効になる各新政策

Wednesday, 09/03/2016 16:29:17

2016年3月1日に政府及び各省により公布された複数の政策が発効する。

2016年2月から新しい政策が効く

Monday, 07/03/2016 10:10:48

いろいろな新政策が首相により承認されるし、2016年2月から効くになった。

2016年1月に有効になる各新政策

Monday, 11/01/2016 16:54:23

政府に公布された複数の大事な政策が2016年1月に発効する。

2015年12月に有効になる各新政策

Wednesday, 16/12/2015 10:17:51

2015年12月には政府及び政府首相が交付された重要な新政策が有効になる。具体的は:   企業ハンコのフォムルについての規定及び社会企業設立の進めること 2015年12月08日から、議定書第96/2015/NĐ-CPは2014年の企業法の下で有効になる。 本議定書は会社の条例において他の規定がある場合に防ぐ判子において数、形式、内容、フォムル、管理方法、使用を規定される。 – 民間企業又は民間企業主 – 合名会社のメンバー委員会 – 有限株式会社のメンバー委員会又は社長 – 株式会社の取締委員会 企業の判子についての条例又は決定書には – 判子フォムル:形式、サイズ、内容、色 – 判子の数 – 判子の管理、使用についての規定 判子のフォムルは具体的な形式(丸い、多角形、他の形) いずれの企業は内容、形式、サイズが相違ある判子を作る。 判子の企業コード、企業名は企業法の第30条、第38条に実施される。 企業は本議定書にて第14条に防ぎ、言葉、イメージを追加することができる。 2015年10月19日付の議定書第96/2015/NĐ-CP は企業法に従っていくつかの条を詳細に規定する上、政府は社会問題を解決するような社会企業を設立する企業を進める。 議定書第96/2015/NĐ-CPは議定書第102/2010/NĐ-CP を代わりになる。   外国組織の住宅所有の期限 議定書第99/2015/NĐ-CPは2014年住宅法に従って交付され、2015年12月10日に有効になる。住宅所有期限は下記のように規定される。 – 住宅法の159条のb点で外国組織は投資ライセンスの期間を超えないわけにはいけないということ。 投資ライセンスに書いた期限が追加希望があれば、所有者は本議定書の規定に従って追加する。 投資ライセンスに期限が書いてない場合、所有者に公布する証明書には期限がないわけである。 – 外国組織が倒産、解体又は中止の場合、ベトナム政府に本議定書の第8条の1目に従って投資ライセンスが回収される。 住宅の所有の期間に外国組織は国内組織に移転又は資本金の合併すれば長年に住宅を持つことになる。   政府企業は不動産、銀行に資本を付け足さないこと 2015年12月1日に政府企業は不動産の分野に(不動産経営法律に従って各不動産の企業を防ぐ)、保険会社、証券会社、冒険投資ファンド、証券投資ファンド又は証券投資会社資本を付け足し、銀行の株の買収する。 それは2015年10月13日に付の本議定書第91/2015/NĐ-CPに企業の資本、財産の管理、使用についての規定である。   環境警察権限について規定 2015年10月20日に付の議定書第105/2015/NĐ-CPに は2015年12月5日付の環境警察法令が予防業務指導、犯罪抵抗闘争、環境・財政・食品に関する行政違犯詳細的に実施を規定され、事業方法及び予防業務指導、犯罪抵抗闘争、環境・財政・食品の違犯を予防するため適用される。 輸出加工区、輸出加工企業に対する規定書 2015年12月25日に有効になる2015年11月9日議定書第114/2015/NĐ-CP は2008年3月14日付の議定書第29/2008/NĐ-CPの第21条の改正の下で工業団地、輸出加工区、経済区に関する規定し、2013年3月11日付の議定書第164/2013/NĐ-CP を補充することである。具体的に議定書第 114/2015/NĐ-CPは輸出加工区、輸出企業に関して別の規定を補充することになる。   契約書の80%を社会住宅の手に入ること 社会住宅の管理及び開発に関しての2015年12月10日に有効になる2015年10月20日付の議定書第100/2015/NĐ-CP には住宅買収、レンタル場合回収・レンタル契約価値の80%で取引を実施し、住宅処理・改修・新建設の場合、最大な賃貸価値は契約の70%で取引を実施する。 […]

  • 永福省投资促进与支援委员会电子信息页

    设立电子信息页的许可证号184/GP-TTĐT由广播、电视和电子信息管理局2012年12月28日签发。
    编辑主任:阮进幸,永福省投资促进与支援委员会委员长。
    地址:永福省、永安市、栋多坊、阮廌道路38 - 40号。
    电子邮件:investvinhphuc@gmail.com; 电话号码: (+84)211.3.862.480